知的財産(IP)とは?

このページの情報に関する詳細は 当法律事務所 までお尋ねください。

特許権(Patents)

特許権は、新しい発明や利便性の高い発明を保護するための権利です。これには製品のみでなく、工程(処理、加工、製造、組み立て)も含まれます。特許を取得するためには、カナダの特許庁(CIPO)に特許申請書を出願する必要があります。特許が付与されると、出願日から20年間、独占権を保有することができます。

ただし、すべての発明が特許権を取得できるわけではありません。たとえば、一般的な概念、事実、または計算についての特許権を取得することはできません。また、ソフトウェアアプリケーションなどの抽象的な発明の特許取得には、さまざまな障害があります。

すでに発明を開示または販売している場合、特許を取得できなくなる可能性があります。 特許は、新しく、一般に公開されていない発明に対して付与されます。 カナダと米国では、発明を一般に公開してから 1 年以内に特許を申請する必要があります。 これを猶予期間(grace period)と言います。 国によっては、猶予期間がさらに短いところもあります。 たとえば、中国、香港、日本、韓国、および多くのヨーロッパ諸国では、この猶予期間は 6 か月であり、開示の種類にいくつかの制限があります。(政府が承認した条約など。) さらには、猶予期間がまったくない国もあります。自分の発明をすでにどこかで販売または開示している場合、その国では特許を取得できなくなります。 当然のことながら、発明または製品が他の誰かによって開示または販売された場合、その特許を取得することはできません。

猶予期間の期限が近づいていると思われる場合は、早めに特許弁護士または代理人に相談してください。

また、特許権はその国の領土内でのみ有効であることにも注意してください。つまり、ある国の特許が、別の国での発明を保護するわけではありません。 特許出願を行う前に、すべての潜在的な市場について話し合うために、最初の段階で、特許弁護士または代理人に相談することをお勧めいたします。

特許は知的財産権の中でも取得に最も費用のかかる権利ですが、競合他社が模倣しないように、新しい製品や工程を保護することがビジネスにとって重要である場合は、特許の取得を検討することを強くお勧めいたします。

商標権(Trademarks)

商標は会社のブランドを保護します。これには、会社名、製品名、ロゴ、スローガン、さらにはサウンドレコーディングが含まれる場合があります。

カナダでは、商標登録を申請することにより、カナダ全土でブランドを保護することができます。ただし、使用されている未登録の商標も、ある程度の保護を受ける権利があります。

未登録の商標権は、次のことを示すことができれば保護される可能性があります。

1) 一定期間にわたって標章(マーク)を使用している。

2) 標章(マーク)が十分な信用または評判を得ている。

ただし、未登録の商標は、商標が使用されている場合にのみ保護を受けることができます。

一方で、商標登録はカナダ全土で10年間有効です。更新料を支払うと、さらに10年間更新可能です。

商標に関連するマーキングは、一般的に2つあります。

TM = 商標 (登録済みまたは未登録の可能性があります)

 ®  = 登録商標

カナダでは、未登録の外国商標の保護は非常に制限されています。外国の商標所有者は、もとの国からの広告の流出(スピルオーバー)があったということ、あるいは、カナダ国内向けにサービスを提供している、過去に提供したことがある、過去に商品を販売したことがある、のいずれかを証明する必要があります。

商標登録は比較的安価で、商標を使用したことがあるかどうかに関係なく申請できるため、将来的にカナダでビジネスを行う予定がある企業に強くお勧めします。登録がなければ、第三者がその商標を使用できる可能性があり、その結果、カナダでの商標の使用や登録が妨げられることになります。

著作権(Copyright)

著作権は著作物を保護する権利です。あなたの独創的な創作物(写真、絵画、印刷物、録音物など)が第三者によって模倣されないように保護することができます。著作権所有者は、作品を制作または複製する唯一の権利を有します。これには作品を製作・実演する権利も含まれます。情報や事実を著作権で保護することはできませんが、事実を提示する特定の方法については著作権で保護される場合があります。

カナダでは、著作物を保護するために登録を行う必要はありません。ただし、著作権登録をすることにより、所有権を証明することができます。また、著作物を侵害する者に対して、著作権所有者がより適切な救済を受ける権利が与えられるので有益です。著作権登録も比較的安価です。現在、オンラインでの申請手数料は 50 ドルで、登録が完了すると登録証明書が発行されます。

カナダの著作権は、登録の有無に関わらず、著作者の存命中およびその死後50年間存続します。

著作物は、国際条約であるベルヌ条約の下で保護される場合があります。つまり、著作権で保護された作品は、外国においても、当該国が同条約の締約国である場合には保護される可能性があるということを意味します。

意匠権(Industrial Designs)

意匠権は、視覚的効果のある製品の外観や機能を保護します。これには、製品に独特の優位性または競争力を与えるパターン(柄や模様)または形状などが含まれます。登録条件としては、意匠はオリジナルで独自なものでなければならず、すでに存在している意匠に類似する場合は認められません。

 

意匠権を登録すると、その意匠は最大10年間保護されます。

特許と同様に、製品をすでに販売しているなど、デザインをすでに一般公開している場合は、カナダでの登録申請に1年間の猶予期間が与えられます。また、意匠が第三者によって公開された場合は、意匠登録ができなくなります。このため、意匠権はできるだけ早めに登録することをお勧めします。

営業秘密(Trade Secrets)

営業秘密は、ビジネス情報を保護します。営業秘密は、特許を出願することによって秘密情報が開示されることを避けたい場合などに有効です。たとえば、食品業界における「秘密のレシピ」などが例に挙げられます。(「秘密のレシピ」が開示されてしまうと、その価値のほとんどを失うことになるからです。)

ただし、営業秘密が漏洩したり、どこかですでに公開されている場合は、もはや営業秘密ではありません。営業秘密の保護は所有者の責任です。企業秘密を保護するために用いられる代表的な手段には、内部セキュリティ対策と秘密保持契約などがあります。営業秘密のに所定の登録手続きはありません。

免責事項: このウェブサイトで公開されているリソースは、情報提供を目的としており、法的助言を与えるものではありません。特定の状況に関する法的質問については、弁護士にご相談ください。